タンパク質と塩分をセーブする【腎臓病の食事療法を把握】

老人

腎臓は重要な臓器です

介護

腎臓は体の老廃物や毒素を排出する上で重要な臓器です。その機能が正常に働かなくなった状態を腎臓病と呼びます。腎臓病は自覚症状のないまま進行することが多いですが、尿検査などで簡単に異常を確認することが出来ます。定期的な検査が腎臓病の早期発見につながります。腎臓病を患ったら、腎臓に負担をかけないような食事療法を提言されています。すなわち、体内の食塩や水分、カリウム、リンなどを量や濃度をコントロールするのです。また、たんぱく質は消化するときに尿素窒素やクレアチニンといったものが多くなり腎臓を酷使させます。たんぱく質は生きていくために必要な栄養素ですが、食べ過ぎないように注意します。腎臓病が進行して腎臓が十分な働きが出来なくなると、人工透析を行わなくてはいけなくなります。人工透析は日常生活が大いに阻害されるので、きちんとした食事療法で腎臓病を進行させないようにします。

腎臓病の食事療法は、たんぱく質の節制から始まりますが、その分エネルギーの摂取が減ってしまいます。人間はエネルギー不足になると体の中のたんぱく質を分解してエネルギー源とするので、たんぱく質を食べているのと同等に腎臓に負担をかけてしまいます。そうならない為にも十分にエネルギーを補給することに心がけます。たんぱく質を含まないエネルギー源は糖類や油類です。糖類といえば甘いものなので、ケーキや和菓子を選んでしまいますが、それらの中にはたんぱく質も多く含まれているので、きちんと栄養成分を確認することが大切です。腎臓病の食事療法はたんぱく質だけでなく塩分も控えさせます。塩分を控えた食事は味気なくなりますが、お酢やスパイスを活用することで豊かな味をつくることができます。