タンパク質と塩分をセーブする【腎臓病の食事療法を把握】

老人

腎臓に負担をかけない食事

老人

塩分とタンパク質を控える

腎臓というのは老廃物をろ過して尿として排出するという働きをします。ですから腎臓病になると尿の排出がうまくいかず、身体にむくみが出てきます。また尿の色が濁ったり血が混ざったりします。腎臓病の発症には普段の生活習慣が影響しており、睡眠不足や過労、乱れた食生活などが原因とされます。そのため腎臓病を予防するには規則正しい生活を送り、栄養バランスの取れた食事をする必要があります。腎臓病になってしまった場合も、食事療法がとても大切になります。食事療法で気をつけたいのは塩分を控えること、タンパク質を取りすぎないことです。腎臓病になるとナトリウムを排泄する力が衰えるので、塩分を控えて腎臓を労る必要があります。タンパク質も腎臓に大きな負担をかけるので控えるようにします。

エネルギーをたくさん摂取

腎臓病の食事療法の特徴の1つは、なるべくエネルギーをたくさん摂るようにすることです。なぜかというとエネルギーが不足すると、体内のタンパク質がエネルギー源に変わってしまうのです。こうなるとタンパク質をたくさん摂取したのと同じ状態になり、腎臓に大きな負担をかけてしまいます。それを防ぐためには、エネルギーをたくさん摂る必要があるわけです。和菓子や洋菓子などに含まれている糖分はエネルギーを補給するのに役立ちますが、反面タンパク質もたくさん含まれているのです。ですから食事療法ではタンパク質の少ないエネルギー補給をする必要があります。そのためには少量で高カロリーが摂取できるサラダ油やマヨネーズやドレッシングが適しています。