タンパク質と塩分をセーブする【腎臓病の食事療法を把握】

介護

タンパク質と塩分を控える

病食

摂取を控える栄養素とは

腎臓とは高度な生体ろ過装置で、不必要な成分だけをろ過して体外へ尿として排出しています。腎臓病はそのろ過装置が上手く機能しません。そのため、通常通りの食事をしていても不必要な成分が体内に残ったままで人体に悪影響を与えます。腎臓病で食事療法が必要なのはそのためです。その腎臓病の食事療法で重視されているのはタンパク質と塩分です。タンパク質は尿素や窒素・クレアチニンなどに分解されますが、それらは腎臓からしか排出されません。塩分もまた主に腎臓から排出されます。そのため、この2つの成分は腎臓に大きく負担をかけてしまいます。その負担を減らすためにも、腎臓病の食事療法は生命に関わるとても大切な要素だと言えます。

宅配サービスが便利です

もちろん、入院していれば病院が管理栄養士の元で病食を食べることができます。しかし、多くの人は自宅での療養となります。そのときの食事療法が大変です。何せ摂取できるタンパク質と塩分が限りがあるからです。どちらも料理では欠かせないものになります。素人では多くのメニューを作れるものではありません。そのため、家庭で作るのではなく腎臓病のお弁当を提供している宅配サービスを利用するのも一つの手段です。この手のサービスは管理栄養士の指導によってメニューが作られているため、腎臓病患者でも安心して食べることができます。さらに、料理のデパートリーも多いため、毎日飽きずに食べることもできます。食事は毎日のことなので、飽きないというのはとても大切なことです。

腎臓に負担をかけない食事

老人

腎臓は老廃物をろ過して尿として排泄する働きがあります。腎臓病では食事療法をすることになりますが、塩分とタンパク質を控える必要があります。どちらも腎臓に大きな負担をかけてしまうからです。またエネルギーをたくさん摂取することも大事です。サラダ油やマヨネーズは少量でエネルギー補給ができます。

Read More..

減らすものと増やすもの

和食

腎臓病の食事療法は、たんぱく質を減らす一方でエネルギー(糖類・油類)を増やす必要があります。ただ家庭で作るのは難しいです。そのため、レトルト商品を活用するのも一つの手段だと言えます。通販でも購入することは可能です。

Read More..

腎臓は重要な臓器です

介護

腎臓病は、体の老廃物や毒素を排出する臓器である腎臓が正常に働かなくなる病気です。全く働かなくなると人工透析を受けなくてはならなくなるので、なるべく食事療法で腎臓病の進行を止めるように努めます。腎臓病の食事療法はたんぱく質や塩分を節制することから始めます。

Read More..

ASSOCIATED LINK

  • 美味しく改善!腎臓病の食事療法ガイド

    自分ではバランスをとることができない!腎臓病で食事療法を試してみたいと考えているならここで配達してくれる場所を探すようにしましょう。